GMT社屋

代々木上原にGMT社屋が昨年10月に完成。

GMT社は、かつてスペインのブランド靴「カンペール」を日本に紹介し、一躍日本にカンペールブームを巻き起こした、紳士婦人靴のブランドプロジュース&製作販売をする会社です。

各デパート、ブテイック他、銀座、表参道、大阪、シンガポール、ハワイ等に直営店舗を展開し、更に、顧客の為の靴の修理工房も持つ、靴文化を真正面にとらえた意欲的なオーナーと靴作りにこだわりを持つ若きスタッフに支えられた会社です。

この建物は、靴のストックと商品管理の為の社屋です。代々木上原の住宅地の周辺環境を考慮し、地下1階地上3階に抑え、まさにコンサートホールのシューボックスのごとく、長方体のボックスはストック及び事務作業が常にエクステンションできる可変性を持たせ、縦動線は人荷エレベーターとし階段を外に出すことにより、躍動性を感じるカンパニーのファサードとなりました。

(担当者:宮川憲司 服部創史)
(撮影:エスエス東京)


(画像をクリックすると拡大できます)


GMT_01_colum

 

GMT_02_外観南面

 

GMT_03_外観南東面
 
 

GMT_04


 

GMT_05_外観北西面

 


GMT_06_3階事務室