麻布十番 紀伊国屋シュガーレジデンス

2015年01月
  • 計画場所:東京都港区麻布十番
  • 工 期:2012年12月~2014年12月
  • 規模構造:S造 9F
  • 延床面積:730.7㎡
  • 1F~3F店舗/4F~9Fオーナー住宅・賃貸住居9戸


麻布十番大通りに面し、戦前からの砂糖問屋を元祖とする食料品の老舗「紀伊国屋」の建替え計画が始まったのが2年前です。
歴史ある古い商店街ならではの、細長い敷地。間口6,250㎜奥行22,700㎜に9階建鉄骨造は、ここ麻布十番大通りで二度目のお付き合いとなる佐藤秀が施工を担当。鉄骨建て方をはじめ(14年6月コラムで紹介)常に人通りの多い商店通での工事は、地域の皆さんはじめ訪れる人々にご迷惑をおかけしながらの気が抜けない緊張の連続でした。
計画は、間口の狭さを解消しつつ、中央に階段エレベーターを配置し、南北それぞれ
40㎡弱の高品質の1LDKの賃貸住居を計画。それにあたっては、住居の生活感がでがちなバルコニーを商店通に面するのを避け、敷地中央に向けバルコニーと避難ルートを設け、通りに面しては、ガラスとタイルのカーテンウォール表現とし、この町並みを意識したファサードデザインとしました。
低層3階までは、お椀もなか、歯科クリニック、ブランド品店、ピアノスタジオ等個性的でこの街にふさわしいテナントが参加して頂きました。
オーナーの砂糖問屋の謂われに因んでビル名は「紀伊国屋シュガーレジデンス」。この建物が、これからの新しい時代に更に永くこの街に生かされていくことを祈ってやみません。
(担当者:若田雄一郎)

 

1.正面外観
正面

 

 

 

3.麻布十番通りから側面を見る
麻布十番通りから側面を見る

 

 

 

5.オーナー住戸居間
オーナー住戸居間

 

 

 

7.オーナーピアノスタジオ
オーナーピアノスタジオ

 

 

 

 

 

10.賃貸住戸リビング
賃貸住戸リビング

 

11.賃貸住戸廊下
賃貸住戸廊下

 

12.賃貸住戸洗面浴室
賃貸住戸洗面浴室