苔ウオッチング

2017年02月

もう半年前になりますが、新青森からバスで2時間八甲田山麓のブナの森を抜け焼山へ、更に奥入瀬渓流を経て十和田湖へ向かいました。

奥入瀬渓流では、ルーペと霧吹きを抱え、大きな岩肌に息づく瑞々しい苔たちをルーペを通して初めてウォッチング。子供のように驚嘆歓喜しながら楽しみました。

カルデラ十和田湖を生じさせた大噴火で一帯は火砕流に焼き尽くされた死の世界から、一万五千年をかけて十和田湖を源流とした渓流の森に再生させたのが、300種あるというこの苔たちだと言われています。彼らは岩肌に霧や雨を保水し土を紡ぎその流失を防ぎ、草木を保護しその成長を支えたということです。

確かに渓流に沿う大樹は岩肌にへばり付く苔たちを礎とし、覆い掴み空へ大きく枝葉を伸ばしているさまは、まさに巨大な盆栽のようでもあります。

水音に囲まれながら、ふと昔訪れた屋久島の原生林の森に荒々しく生きる苔の群生を思いおこすと共に、京都の社寺の静寂な庭園の苔が描く「わび・さび」の世界が思わず交錯します。

庭園は禅や茶道などの影響を受けながら、狭い空間に自然界を縮景し、あるいは哲学的空間としてデザインされてきましたが、その中で苔は水と光をよく含み多様な姿形をして、唯一無比の素材であることがあらためて納得出来ました。

帰り道途中下車、平泉中尊寺と毛越寺を訪ね、しばし奥州藤原三代の平安の昔に思いを馳せ、少し心が洗われた旅になりました。

 

1702ブログ用_苔2

 

1702ブログ用_苔1